Pocket

今日は環境認識はポンドドル(GBPUSD)です。

月足の環境認識

まず月足です。

大きな下降トレンドの流れの中で、
《Point-E》から調整の戻りで上昇していましたが、
《Point-B》の実体安値ラインからの戻り売りポイント
に達して戻り売りが始まりました。

4月までは多少もみ合ってましたが、
5月に入り4月の安値を下抜けしてから
一気に売り優勢になり、
大きめのサポレジラインである
1.355を下抜けしてさらに売り圧力が強くなり下降しました。

先月ははPoint-Eの少し上のネックライン
であるLine-Fに達して下げ止まり
大きく反発上昇を見せ、
今月も一時Line-F近辺まで下げる動きをしましたが、
今は陽線となっています。

週足の環境認識

次は週足です。

週足は下降トレンド中です。

下降トレンドですが、
月足に書いたとおり月足レベルの
サポ候補に反応して反転上昇しています。
先週も今週もLine-Dで上げ止まる動きに
なっていますから、再び下がる可能性あります。

ただ、下がってもLine-Eは強く意識されますから
下げ止まって反転上昇の可能性はあります。
もちろんLine-Eを下抜けする可能性もゼロでは
ありません。

日足の環境認識

次は日足です。

日足の目線は定義上、下です。

目線は下ですし、
Line-Eが強いレジスタンスとしての機能を
していまから、Line-Eを上抜けするまでは
ショート狙いです。

ただ、Line-BやLineC近辺まで下がると、
月足レベルの買い圧力が強くなりますから、
そこまで下がった場合はショートは控えます。

Line-Bを下抜けすることがあれば、
再度ショートを考えます。

4時間足の環境認識

次は4H足です。

4時間足はレンジになっています。

ポイントとなるラインは、
Line-AとLine-C、そしてLine-Dです。

4時間足チャートだけ見ると判断し難いですから、
日足チャートを見て、
日足に書いた戦略で攻めるのが良いです。

<ロングプラン>

Line-CまたはLine-Dまで下がった場合、
月足のサポを後ろ盾にして、
サポ反発確認ができればロングを狙います。

または、
Line-Aを上抜けしてサポ確認できた場合、
ロングします。

<ショートプラン>

Line-Aまで上昇してそこで反発下落する形状になれば
ショートします。

または、

Line-Dを下抜けして、Line-Dのレジ確認ができたら
ショートを狙います。

Line-Cを下抜けして、Line-Cのレジ確認ができたら
ショートを狙えますが目標はLine-Dになります。




今回は以上です。



2018年5月からメールマガジンを始めました。
メルマガでは日々の環境認識についてのコメント情報、
FX基本講座の補足解説などの情報を
配信していきます。


無料勉強会、コンサル情報なども
案内させていただきます。