Pocket

今日はユーロドル(EURUSD)の
環境認識とトレードプランです。

月足の環境認識

まず月足です。

2月頃から、
以前の戻り高値と認識されるPoint-Bと、
Point-Cを通るトレンドラインの交差するポイント
から下落した流れが、
重要なサポートライン
=Point-Gからの上昇の流れの押し目買いラインで
あるLine-H
で数ヶ月止められていましたが、
8月に一気に下落しました。

その後、、
月足で確認できるサポートに達して
反転上昇してLine-H近辺まで戻し、
今月はこのLine-Hを上抜けするか
それとも下抜けするか、
そして下抜けして5月、6月の安値を
更新できるかどうかがポイントになります。

週足の環境認識

週足です。

週足はLine-Dで反転上昇したのち、
戻り売りポイントであるLine-AやLine-Bから
下降しています。

現在はLine-BとLine-Eの間で
レンジになろうとしています。

日足の環境認識

次は日足です。

日足の目線が上に変わっています。


定義上の目線は上ですが、
今は押し安値付近まで下がってきており、
安易にロングは出来ない状態です。

ただ、Line-D、Line-Eを実体で下抜けしない
限りロングで攻めるのが良いです。

したがって、
Line-D、Line-Eでのサポ反発が確認でき次第
ロングを狙うのが基本戦略となります。

4時間足の環境認識

次は4H足です。

日足に書いたとおりの
日足のLine-D=4時間足のLine-B近辺まで下がるのを待ち、
そこでのサポ反発確認ができればロングします。

逆に、
Line-Dを下抜けした場合ショートを検討します。

<ロングプラン>

Line-B、またはLine-Cでサポ反発確認ができれば
ロングします。
または
Line-Aを上抜けてサポ反発確認ができればロングします。

<ショートプラン>

Line-Dを下抜けして、Line-Dをレジ化する動きがでれば
ショートを狙います。




今回は以上です。



2018年5月からメールマガジンを始めました。
メルマガでは日々の環境認識についてのコメント情報、
FX基本講座の補足解説などの情報を
配信していきます。


無料勉強会、コンサル情報なども
案内させていただきます。