Pocket

今日はユーロ円(EURJPY)です。

月足の環境認識

まず月足です。

5月は月足で認識できるサポーとラインの124.06から
大きな下ヒゲを作り反発上昇していました。

6月は半値ほど戻し、
7月は陽線となり先月の高値を僅かに上抜けして確定したため
上方向の可能性もあると思いましたが、
5月の高値は上抜けできず、8月は一転大きく下落して、
124.06近辺で反転上昇して
先月は長めの陽線となり先々月の高値を一時更新しましたが、
実体では抜けきれていません。
今月は反転下落しています。

週足の環境認識

次は週足です。

Line-Bの位置を少し上に補正しました。

そのLine-Bを先々週も先週もローソク足の実体では
上抜けできていません。

先週のブログに書いたとおり
一旦、押しが入りそうな形状になってきました。

Line-Cあたりまで下がっても
不思議ではないでしょう。

日足の環境認識

次は日足です。



日足の目線は上方向ですが、
Line-Aで上げ止まり、
押しが入っています。

Line-Cで下げ止まったかどうか
まだ分からない状態です。

4時間足の環境認識

次は4H足です。

4時間足のダウ目線は下です。


4時間足トレーダーとしては、
基本は戻り売りです。

ただ、日足に書いたとおり
日足の目線が上であり、そろそろ押し目買いが入っても
不思議ではないポイントLine-Cまで下がっています。

したがって、4時間足の目線が上になるのを待って
日足の押し目買いに参戦するか、
さらに下がってLine-Cを下抜け後のレジ反発で
ショートを狙うかを考えます。

<ショートプラン>

Line-Cを下抜け
Line-Cのレジ反発確認後にショートします。

<ロングプラン>

Line-Cでダブルボトムを作り、
反転形状になったらロングします。




今回は以上です。



2018年5月からメールマガジンを始めました。
メルマガでは日々の環境認識についてのコメント情報、
FX基本講座の補足解説などの情報を
配信していきます。


無料勉強会、コンサル情報なども
案内させていただきます。