Pocket




為替・FXランキング

↑復活しました。^^
記事を読まれる前に1クリックをお願いいたします。m(_ _)m
別ウィンドウで開きます



今日は環境認識はポンドドル(GBPUSD)です。

月足の環境認識

まず月足です。

4月までは多少もみ合ってましたが、
5月に入り4月の安値を下抜けしてから
一気に売り優勢になり、
大きめのサポレジラインである
Line-Gを下抜けしてさらに売り圧力が強くなり下降しました。

8月はPoint-Eの少し上のネックライン
であるLine-Fに達して下げ止まり
大きく反発上昇を見せ、
9月は一時Line-F近辺まで下げる動きをしましたが、
陽線で終わりました。
今月も陽線を作っていましたが、
今は上ヒゲを作り陰線になっています。

週足の環境認識

次は週足です。

週足のダウ目線は下です。

Line-Cから戻り売りが入ったように見えましたが、
下げ渋り、
その後は数週間Line-CとLine-Dの間を行き来しています。

日足の環境認識

次は日足です。

ダウ目線は上と見る人が多いでしょう。
Line-Aから強い押しが入ってLine-Cまで
下落しましたが、
そこから押し目買いが入って
Line-A手前まで上昇しました。

ただ、その後は
週足レベルの戻り売りが入り
下がっています。

4時間足の環境認識

次は4H足です。

4時間足は下目線ですので、
基本戦略は戻り売りです。
週足レベルの戻り売りポイントである
Line-Aが少し上にありますので要注意です。

また、
この状態から反転下落して
4時間足の目線が下に変わった場合、
ショートを考えます。

<ロングプラン>

Line-Aを上抜けてサポ反発確認後にロングを狙います。

<ショートプラン>

Line-Bまで戻りレジ反発確認後にショートを狙います。




今回は以上です。



2018年5月からメールマガジンを始めました。
メルマガでは日々の環境認識についてのコメント情報、
FX基本講座の補足解説などの情報を
配信していきます。