Pocket




為替・FXランキング

↑復活しました。^^
記事を読まれる前に1クリックをお願いいたします。m(_ _)m
別ウィンドウで開きます



今日は環境認識はポンドドル(GBPUSD)です。

月足の環境認識

まず月足です。

4月までは多少もみ合ってましたが、
5月に入り4月の安値を下抜けしてから
一気に売り優勢になり、
大きめのサポレジラインである
Line-Gを下抜けしてさらに売り圧力が強くなり下降しました。

8月はPoint-Eの少し上のネックライン
であるLine-Fに達して下げ止まり
大きく反発上昇を見せ、
9月は一時Line-F近辺まで下げる動きをしましたが、
陽線で終わりました。
今月は一旦は上昇しましたが、先月の高値を上抜くことができず
大きく下落して、ネックライン近辺まで下がっています。

週足の環境認識

次は週足です。

週足のダウ目線は下です。

Line-Cから戻り売りが入ったように見えましたが、
下げ渋り、
その後は数週間Line-CとLine-Dの間を行き来してました。
それが今週に入り一気に下落しました。

月足にも書いたとおり、
重要なラインであるLine-Eに近づいてきました。
下抜けするか、反転上昇するか注目です。

日足の環境認識

次は日足です。

日足レベルで戻りらしい戻りを作らずに
下落しています。強い下降の流れです。
Line-Eに到達するのも時間の問題でしょう。

4時間足の環境認識

次は4H足です。

4時間足は下目線です。
基本戦略は戻り売りですが、
下落の勢いが強すぎて、
戻り売りのタイミングが取りにくい状況です。

Line-Dあたりから上手くショートできていれば
分割決済をしながらLine-Eまで保有するのが
良いですが、ここから新規にショートするのは
ややリスクがあります。

Line-Eを大きく下抜けてしてから
の下落の流れに乗るか、
Line-Eで反転上昇して4時間足の目線が上になってから
月足の押し目買いを後ろ盾にしてロングするのが
安全です。

<ロングプラン>

Line-Eに到達後、WB等の反転形状を作り上昇して、
Line-Aを上抜けてサポ反発確認後にロングを狙います。

<ショートプラン>

Line-Eを下抜けてレジ反発確認後にショートを狙います。




今回は以上です。



2018年5月からメールマガジンを始めました。
メルマガでは日々の環境認識についてのコメント情報、
FX基本講座の補足解説などの情報を
配信していきます。