Pocket




為替・FXランキング

↑復活しました。^^
記事を読まれる前に1クリックをお願いいたします。m(_ _)m
別ウィンドウで開きます



今日の環境認識はドル円(USDJPY)です。

月足の環境認識

まず月足です。

下からは、
Point-Cの少し上のネックからの買い圧力を受け
順調に上昇してきていましたが、

今月(10月)は少し上昇して、
2017年11月頃の高値に到達し
そこから反転下落しています。

白いボックスの高値はかなり強い
レジスタンスのようです。

週足の環境認識

次は週足です。

白の線は月足で引いたライン、
週足で追加したラインはピンク色です。

月足に書いたとおり
2017年11月頃の高値が強いレジスタンスとして
機能して下がってきました。

ただし、週足の目線はまだ上です。
2017年11月頃の高値と当面の目標したと
認識する売り手と
週足レベルの押し目買いを狙う買い手が
しばらく攻防しそうなチャートです。

日足の環境認識

次は日足です。

日足のダウ目線は上です。

ただ、週足に書いたとおり
上からの売りの圧力と押し目買いの圧力
がぶつかり合っているように見えます。

4時間足の環境認識

次は4時間足です。


4時間足の目線は下と見る人が多いでしょう。

ただし重要なラインである
Line-D近辺の前回安値を実体で下抜けていないため、
安易なショートは危険です。

ショートするならば
Line-Dを下抜け後、
ロングはLine-Bを上抜けしてからが安全です。

<ロングプラン>

Line-Bを上抜け、4時間足の目線が上になり、
サポ反発確認ができた場合にロングします。

<ショートプラン>

Line-Dを下抜けレジ確認ができてから
ショートします。




今回は以上です。



メルマガでは環境認識についてのコメント情報、
FX基本講座の補足解説などの情報を
配信していきます。