Pocket




為替・FXランキング

↑復活しました。^^
記事を読まれる前に1クリックをお願いいたします。m(_ _)m
別ウィンドウで開きます



今日はユーロドル(EURUSD)の
環境認識とトレードプランです。

月足の環境認識

まず月足です。

2月頃から、
以前の重要ラインと認識されるPoint-Bと、
Point-Cを通るトレンドラインの交差するポイント
から下落した流れが、
重要なサポートライン
=Point-Gからの上昇の流れの押し目買いポイントで
あるLine-H
で数ヶ月止められていましたが、
8月に一気に下落しました。

その後、、
月足で確認できるサポートLine-Iに達して
反転上昇してLine-H近辺まで戻し、
今月はこのLine-Hを下抜けして
陰線となり、
4月、5月の安値を下抜けしたため
下方向への勢いが強くなっています。

ただ、あと1日で月足が確定して、
Line-Iを実体で下抜けしなかった場合
今までの下への流れが一転して上方向へと
変わる可能性がでてきます。

週足の環境認識

週足です。

週足はLine-Dで反転上昇したのち、
戻り売りポイントであるLine-Aから
下降しています。

月足に書いたとおり月足のLine-I
=週足のLine-Dを月足確定で下抜けしない場合、
上方向へと進む可能性が高くなります。

日足の環境認識

次は日足です。

日足の目線は下ですが、
波のサイズを見ると2つN値を
達成したように見えます。

また、月足、週足に書いたとおり
月足レベルのサポート候補にも
近づいています。

ここからは、
新規のショートは控えて、
上昇への反転形状が確認できれば
ロングを狙っていきます。

4時間足の環境認識

次は4H足です。

4時間足は綺麗なチャートとは言えません。
こういう時は、上位足である日足の
戦略でトレードプランを考えます。

Line-CやLine-D近辺で下げ止まり、
反転形状が形成されれば、
ロングを狙います。

<ショートプラン>

Line-Dを大きく下抜けたあと
Line-Dのレジ確認でショートします。

<ロングプラン>

Line-CまたはLine-Dでダブルボトム等の
反転形状を作り、
4時間足の目線が上になった後の
押しを待ってロングします。


今回は以上です。



2018年5月からメールマガジンを始めました。
メルマガでは日々の環境認識についてのコメント情報、
FX基本講座の補足解説などの情報を
配信していきます。