Pocket




為替・FXランキング

↑復活しました。^^
記事を読まれる前に1クリックをお願いいたします。m(_ _)m
別ウィンドウで開きます



今日の環境認識はドル円(USDJPY)です。

月足の環境認識

まず月足です。

下からは、
Point-Cの少し上のネックからの買い圧力を受け
順調に上昇してきていました。

先月(10月)は更に上昇して、
2017年11月頃の高値に到達しました。
そこから反転下落しましたが、
下ヒゲが長くなり確定しました。

今月(11月)は、
その下ヒゲの流れを受け陽線で始まっていますが、
白いボックスの高値はかなり強い
レジスタンスなのでそこでの反応に注目です。

まずはそこまで行くのか、
先々月の高値止まりなのか注視します。

週足の環境認識

次は週足です。

白の線は月足で引いたライン、
週足で追加したラインはピンク色です。

9月頃は、
2017年11月頃の高値が強いレジスタンスとして
機能して下がってきました。

月足に書いたとおり
再度、その高値を目指すのか
重要なラインであるLine-Aで
上げ止まるのかに注目です。

日足の環境認識

次は日足です。

日足のダウ目線は上です。
Line-Cから押し目買いが入ったように
見えますが、
Line-Aは週足レベル
Line-Dは月足レベルのレジラインになります。

簡単には上方向には
行かせてくれないでしょう。

4時間足の環境認識

次は4時間足です。


4時間足の目線は上になっています。

上からの圧力は強そうなので
しばらく様子見でも良いですが、
短期的にトレードするのであれば、
サポレジの反発確認でエントリー、
次のサポレジで決済。
が良いです。

<ロングプラン>

Line-Cのサポ確認でロング、
目標はLine-A手前です。

または、
Line-Aを上抜け、4時間足の目線が上になり、
サポ反発確認ができた場合にロングします。

<ショートプラン>

Line-Dを下抜けレジ確認ができてから
ショートします。




今回は以上です。



メルマガでは環境認識についてのコメント情報、
FX基本講座の補足解説などの情報を
配信していきます。