Pocket




為替・FXランキング

↑復活しました。^^
記事を読まれる前に1クリックをお願いいたします。m(_ _)m
別ウィンドウで開きます



今日はユーロ円(EURJPY)です。

月足の環境認識

まず月足です。

月足の直近の動きは、
5月の高値(=始値)と5月終値を
どちらもローソク足の実体で上抜けできず、
また、下抜けもできずレンジになっています。

このレンジ内であれば
どちらにでも行きそうな形状です。

週足の環境認識

次は週足です。

数週間前に週足の目線は上になりました。
そして先週から押し目買いが入り上昇しました。
ただ、Line-Cを超えたところで失速して
下落しました。

Line-Dで反転上昇しており、
また上に行く可能性も残っています。

日足の環境認識

次は日足です。



ダウ目線は下と見ている人が多いかもしれません。

そう見ている人の日足の戻り売りがLine-C近辺で入り、
下落してきました。

しかし、週足の押し目買いポイントである
Line-F近辺で下げ止まり少し上昇したあと
下がってきました。

レンジになる可能性も出てきました。

4時間足の環境認識

次は4H足です。

波の定義が小さめであれば、
4時間足のダウ目線は下です。



Line-Fから上昇した流れも
4時間足の戻り売りポイントから売りが入り、
今は1時間足の最後の押し目買いポイントで
攻防が始まったところです。

4時間足トレーダーであれば、
目線に合わせてショートしたいかもしれませんが、
週足の買い+1時間足の買いとの戦いになります。
決着がついてからの方が安全です。


<ショートプラン>

Line-Fを下抜け、
レジ確認ができればショートします。

<ロングプラン>

Line-Gを上抜け4時間足の目線が上になり
サポ確認ができればロングします。
Line-Eが日足の戻り売りポイントなので
それで確実に利確します。

もちろん、
Line-Eを上抜けサポ確認できれば
強い上方向の流れが見込めるため
ロングを狙います。

今回は以上です。



メルマガでは日々の環境認識についてのコメント情報、
FX基本講座の補足解説などの情報を
配信していきます。