Pocket




為替・FXランキング

↑復活しました。^^
記事を読まれる前に1クリックをお願いいたします。m(_ _)m
別ウィンドウで開きます



今日は環境認識はポンドドル(GBPUSD)です。

月足の環境認識

まず月足です。

8月はPoint-Eの少し上のネックライン
であるLine-Fに達して下げ止まり
大きく反発上昇を見せ、
9月は一時Line-F近辺まで下げる動きをしましたが、
陽線で終わりました。
10月は一旦は上昇しましたが、先月の高値を上抜くことができず
大きく下落して、ネックライン近辺まで下がっています。

そして今月はLine-F到達後一気に上昇して
10月の高値付近まで上昇する勢いでしたが、
今はLine-F近辺まで下がっています。

Line-Fを下抜けするかどうかに注目です。

(先週と同じです)

週足の環境認識

次は週足です。

週足のダウ目線は下です。

Line-Cから戻り売りが入ったように見えましたが、
下げ渋り、
その後は数週間Line-CとLine-Dの間を行き来してました。
それが5週前一気に下落しました。

そして、
先々週Line-Eに達して反転し大きく上昇し、
その流れで2週前は上昇しましたが、
Line-Dの上に上ヒゲを作り下降に転じました。

先週も陰線となり下がりLine-Eまで下げ
今週も一旦は上昇しましたが今は下げ、
Line-Eに向かっています。

日足の環境認識

次は日足です。

先週、Line-Eまで下げましたが、
下抜けできず上昇。
しかし、Line-Cを上抜けすることができず
下がってきました。

高値も切り下げ
上からの圧力が強いです。

この後、
Line-Eを下抜けできるかどうかに注視します。

4時間足の環境認識

次は4H足です。

4時間足の目線は下です。

上からは日足、4時間足の売り圧力、
下からは週足のサポからの買い圧力が掛かり
もみ合いになりそうなポイントに来ています。

上に攻めるなら4時間足の目線が上になってから、
下に行くなら、週足のサポがレジに変わってからの方が
安全です。

<ロングプラン>

Line-Cを上抜けサポ反発確認できれば
ロングします。

<ショートプラン>

Line-Dを下抜けしてレジ確認できれば
ショートを狙います。




今回は以上です。



2018年5月からメールマガジンを始めました。
メルマガでは日々の環境認識についてのコメント情報、
FX基本講座の補足解説などの情報を
配信していきます。