Pocket




為替・FXランキング

↑復活しました。^^
記事を読まれる前に1クリックをお願いいたします。m(_ _)m
別ウィンドウで開きます



今日はユーロ円(EURJPY)です。

月足の環境認識

まず月足です。

月足の直近の動きは、
5月の高値(=始値)と5月終値を
どちらもローソク足の実体で上抜けできず、
また、下抜けもできずレンジになっています。

このレンジ内であれば
どちらにでも行きそうな形状です。

(先週と同じ内容です)

週足の環境認識

次は週足です。

数週間前に週足の目線は上になりました。
そして4週前に押し目買いが入り上昇。
ただ、Line-Cを超えたところで失速して
下落しています。

今週を含み3週間、Line-CとLine-Dで挟まれています。

日足の環境認識

次は日足です。




ダウ目線は下と見ている人が多いかもしれません。

そう見ている人の日足の戻り売りがLine-C近辺で入り、
下落してきました。

しかし、週足の押し目買いポイントである
Line-F近辺からの買い圧力も強く

上下に挟まれレンジになっています。

4時間足の環境認識

次は4H足です。

レンジですので目線は
気にしません。


青の帯が週足レベルの買い圧力、
ピンクが日足の売り圧力
黄色が4時間足の売り圧力
と認識できます。

※黄色は週足レベルのレジスタンスライン
でもあります。

今は、
週足の買い圧力と
4時間足の売り圧力に
挟まれてレンジになっています。

レンジ内でトレードするならば
上限=黄色付近のレジ反発確認でショート
または
下限=青色付近のサポ反発確認でロング
でも良いです。

トレンドフォローを狙うなら、
レンジを上抜け、または下抜けしてからが
良いです。


<ショートプラン>

Line-Fを下抜け、
レジ確認ができればショートします。

<ロングプラン>

Line-Gを上抜け4時間足の目線が上になり
サポ確認ができればロングします。
Line-Eが日足の戻り売りポイントなので
そこで確実に利確します。

その後、
Line-Eを上抜けサポ確認できれば
強い上方向の流れが見込めるため
ロングを狙います。



今回は以上です。



メルマガでは日々の環境認識についてのコメント情報、
FX基本講座の補足解説などの情報を
配信していきます。





★週に1,2回はメルマガ配信をしております。
先程(2018/11/28 22:20頃)も配信しました。
未着の方は、メルマガ登録時のメールアドレスが
間違っている可能性が高いです。
メルマガが届いていない方は、メルマガの再登録をお願いいたします。