Pocket




為替・FXランキング

記事を読まれる前に1クリックをお願いいたします。m(_ _)m
別ウィンドウで開きます



今日はポンド円の環境認識とトレードプランです。

月足の環境認識

まず月足です。

5ヶ月程前から重要なライン147.20を跨ぎ
レンジになっています。

レンジの上限か下限を月足ローソク足の
実体で上抜け、または下抜けすれば
新しい流れが発生する可能性が高いのですが。

今月の陽線も先月の高値を実体で上抜けするか
または安値を実体で下抜けするか
どうかに注目です。

(先週と同じ内容です=月足の状況に変化はないです)

週足の環境認識

次は週足です。

月足で書いた重要ライン(147.20)が
週足チャートの白いラインLine-Bです。

先々週までの数週間はLine-Cライン上の攻防でしたが、
先週はLine-Dまで下がり、
今週はLine-Dを一時下抜けしました。
ただ、その後は上昇しLine-Dを「抜け失敗」と
なりました。

こうなると、上昇の勢いが増してきます。

次のターゲットはLine-Cです。

日足の環境認識

次は、日足です。

ダウ目線は下です。
ただ、週足の形状が上方向を示しています。
上方向の勢いも考慮した方が良いでしょう。

4時間足の環境認識

次は4H足です。

4H足の目線はギリギリ下です。
しかしあと少し上昇して足が確定すれば
上目線に変わります。

日足の戻り売りポイントである
Line-Dが重要なラインになりそうです。

<ショートプラン>

買い圧力が強いので、
安易なショートはしません。

Line-Dを上抜けできず下がり、
LIne-E近辺をレジにする動きがでれば
ショートします。

<ロングプラン>

Line-Dを上抜けサポ確認ができれば
ロングします。


今回は以上です。



メルマガでは日々の環境認識についてのコメント情報、
FX基本講座の補足解説などの情報を
配信していきます。