Pocket




為替・FXランキング

記事を読まれる前に1クリックをお願いいたします。m(_ _)m
別ウィンドウで開きます



今日の環境認識はドル円(USDJPY)です。

月足の環境認識

まず月足です。

2018年3月から
Point-Cの少し上のネックからの買い圧力を受け
上昇してきていました。

しかし
2017年11月頃の高値に押さえられ
ここ数ヶ月は上げ止まり感があります。

今月も白いボックスの上限
=2017年11月頃の高値
まで届かず陰線になっています。

年末、ローソク足の実体が
このレジスタンスを上抜けできれば、
来年は上方向の流れを作る可能性がでてきますが、
今のところ厳しい状況です。

(先週と同じ内容です)

週足の環境認識

次は週足です。

白の線は月足で引いたライン、
週足で追加したラインはピンク色です。

月足に書いたとおり白いボックスの上限が
強いレジとして機能しており、
トリプルトップを作っています。
ただLine-Bがサポとして意識され、
下げ止まり先週はそこから上昇しています。

日足の環境認識

次は日足です。

波の定義が大きければ
日足のダウ目線は上ですが、
Line-Dは月足レベルのレジスタンスであり
上値が重いため、積極的な買いは
控えた方が良さそうです。

日足の目線とは逆になりますが、
下位足の目線が下になれば
ショートも考えます。

(先週と同じ内容です)

ATRが55.4と低くなっています。
今、1日に0.5円しか動かない相場です。
無理にトレードしなくて良いです。

4時間足の環境認識

次は4時間足です。



4時間足の目線は下、上、下と
変化が激しいです。

こういうときは上位足である
日足のチャートで戦略を考えます。

<ロングプラン>

日足チャートのLine-D(4時間足のLine-A)を
上抜けできればロングを考えます。

<ショートプラン>

日足チャートのLine-C(4時間足のLine-D)を
下抜けしてレジ確認できればショートします。




今回は以上です。



メルマガでは環境認識についてのコメント情報、
FX基本講座の補足解説などの情報を
配信していきます。