Pocket




為替・FXランキング

記事を読まれる前に1クリックをお願いいたします。m(_ _)m
別ウィンドウで開きます



今日は環境認識はポンドドル(GBPUSD)です。

月足の環境認識

まず月足です。

8月からLine-Fの下抜けをトライしていますが、
ローソク足の実体では下抜けできていません。

今月の足は一旦大きく下抜けしました。
ただLine-F近辺まで戻して下ヒゲになっています。
クリスマスのあるためあと数営業日です。
このまま今月の足が確定すると
来年は上方向に進む可能性が高くなります。

週足の環境認識

次は週足です。

月足ではまだ実体では下抜けてなかった
Line-Eを週足では完全に下抜けしています。
このチャートだけ見ると下方向に攻めたくなります。

日足の環境認識

次は日足です。

週足に書いたとおり、
流れは下方向です。

Line-EまたはLine-Aのレジ確認で
戻り売りを狙うのが基本戦略になります。

4時間足の環境認識

次は4H足です。

4時間足の目線は上と見る人下と見る人が
半々ではないでしょうか。

ただ、
上に攻めるにしても強めのレジである
Line-BやLine-Cが直ぐ上にいますので
ロングするとすればそれらを上抜けしてからに
なります。

逆の下方向は、
今のポイントが日足の戻り売りポイントですので
4時間足の小さな波でも下目線になれば
ショートするのが良いです。

<ロングプラン>

Line-Bを上抜けしたらロングを狙います。

<ショートプラン>

今のポイントで上げ止まったら、
またはLine-D、Eを下抜けしてレジになれば
ショートします。




今回は以上です。







<お知らせ>

来週はクリスマス、再来週は年始になりますので、
年内の環境認識のブログアップは今日が最後になります。

本年は本ブログを応援していただき
ありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。

哲太郎






メルマガでは日々の環境認識についてのコメント情報、
FX基本講座の補足解説などの情報を
配信していきます。