Pocket




為替・FXランキング

記事を読まれる前に1クリックをお願いいたします。m(_ _)m
別ウィンドウで開きます



今年から、
すべての時間軸でのチャート上のライン表記を
Line-Mxx:月足のライン
Line-Wxx:週足のライン
Line-Dxx:日足のライン
Line-4Hxx:4時間足のライン
に統一いたします。



今日はユーロドル(EURUSD)の
環境認識とトレードプランです。

月足の環境認識

まず月足です。

数ヶ月前からLine-M5がサポートとして
機能して下げ止まっています。
今月も一旦Line-M5まで下げましたが、
反転上昇しています。

先月の高値を上抜けできれば
Line-M4まで行きそうです。

(先週と全く同じ内容です)

週足の環境認識

週足です。

月足にも書いたとおりLine-M5が
強いサポートとして機能しており
徐々に上方向に転換する形状となっています。
一旦Line-W2まで上昇しても
不思議ではありません。

と先週書き、
その後一旦Line-W2まで上昇しました。

Line-W2達成と同時に
週足レベルの戻り売りが入り
反転上昇の勢いが減少する可能性も
考慮しておきます。

日足の環境認識

次は日足です。

週足に書いたとおり、
Line-M5を下抜けできず、
反転上昇する形状になってきました。

ダウ目線も人によっては上と見ているでしょう。
しかし、Line-W2からの戻り売りが
入っているように見えますから
安易なロングは危険です。

4時間足の環境認識

次は4H足です。

4時間足チャートはやや上昇の
流れができているように認識できますが、
あまり綺麗なチャートではありません。

先週と同様に上位足である日足チャートで
戦略を考えます。

<ロングプラン>

Line-M5、Line-W3がサポになる動きになれば
ロングを考えます。

または
Line-W2を上抜けして、
そこがサポになる動きになれば
ロングします。

<ショートプラン>

Line-M5を下抜け、
M5ラインがレジになる動きになれば
ショートを狙います。


今回は以上です。



メルマガでは日々の環境認識についてのコメント情報、
FX基本講座の補足解説などの情報を
配信していきます。