Pocket




為替・FXランキング

記事を読まれる前に1クリックをお願いいたします。m(_ _)m
別ウィンドウで開きます



今年から、
すべての時間軸でのチャート上のライン表記を
Line-Mxx:月足のライン
Line-Wxx:週足のライン
Line-Dxx:日足のライン
Line-4Hxx:4時間足のライン
に統一いたします。



今日はポンド円の環境認識とトレードプランです。

月足の環境認識

まず月足です。

昨年4月頃から11月頃までの間は、
9月の実体安値をローソク足の実体で
下抜けできずちょっとしたレンジに
なっていましたが、
昨年12月にローソク足の実体で下抜けしてから
下落の勢いが強くなり、
今月は一気に月足で認識可能なレジである
Line-M5まで下げました。

今はそのLine-M5で反転上昇した形になっています。

月足は先週と同じ内容です。

週足の環境認識

次は週足です。

週足のダウ目線は下です。
戻り売りポイントの候補は
Line-W2
Line-W3
Line-W4
です。

目線は下ですが、
月足レベルのサポであるLine-M5から
反転上昇した流れがキープされ、
先週は陽線で確定、
今週もLine-M4を踏み台にして陽線に
なっていますので買いが強い状態です。

日足の環境認識

次は、日足です。

日足のダウ目線も下です。

しかしあと少し上昇すると
目線を上に変更するトレーダーも多くなるでしょう。
逆に言うと今日足の戻り売りポイントです。

今日の陰線を見ると一旦戻り売りが
入ったようにも見えます。
ただ、買い圧力も強く反転上昇しました。

4時間足の環境認識

次は4H足です。

4H足のダウ目線は上です。

日足の目線は下ですが、
月足レベルのサポートである
Line-M5から反転上昇した流れが
継続していますので、
基本は上方向で良いです。

ただし、
Line-D1近辺が日足の戻り売りポイントですので
このラインで上げ止まり逆に4時間足の
目線が下に変わることがあれば
ショート狙いになります。

<ショートプラン>

Line-D1近辺で上げ止まり、
ダブルトップなどの形状が確認できれば
ショートを狙います。

<ロングプラン>

Line-W4やLine-M4で下げ止まり
サポートになる動きがでればロングします。

Line-D1をローソク足の実体で上抜けした場合、
ロングします。


今回は以上です。



メルマガでは日々の環境認識についてのコメント情報、
FX基本講座の補足解説などの情報を
配信していきます。