Pocket




為替・FXランキング

記事を読まれる前に1クリックをお願いいたします。m(_ _)m
別ウィンドウで開きます



今年から、
すべての時間軸でのチャート上のライン表記を
Line-Mxx:月足のライン
Line-Wxx:週足のライン
Line-Dxx:日足のライン
Line-4Hxx:4時間足のライン
に統一いたします。



今日はユーロ円(EURJPY)です。

月足の環境認識

まず月足です。

昨年12月、なかなかローソク足の実体で
下抜けすることができなかった
5月、6月の実体安値を実体で下抜けすると、
その勢いで今月は月足レベルの
重要なサポートラインである
Line-M4まで一気に下降しました。

今は、
そこから大きな下ヒゲを作り反転上昇を
しています。

上昇しましたが、
ここから再度下落する可能性も
Line-M3近辺をサポにして上昇する可能性も
あります。

今の月足の形状からは方向性は分かりません。

あと2週ありますが月末=月足の確定で
Line-M3を実体で上抜けするか下抜けするかにより
来月の方向が決まりそうです。

先週と全く同じ内容です。

週足の環境認識

次は週足です。

流れは下ですが、月足レベルのLine-M4達成に
より上昇に転じる可能性もありますし、
上昇してもLine-W3、W4、W5近辺で
戻り売りが入るかもしれません。

先週と同じ状況です。
今も月足のサポートラインであるLine-M3の
線上にありどちらにも行ける状態です。

日足の環境認識

次は日足です。



ダウ目線は下です。

今、Line-D1から戻り売りが入っている状態です。

月足レベルのサポートである
Line-M4からかなり離れているため
その買い圧力の強さが認識し辛いです。

そのため今のポイントから
ショートする場合は慎重に行います。

先週と同じ内容です。

4時間足の環境認識

次は4H足です。

4時間足のダウ目線は下と見ているトレーダー
もいれば上と見ているトレーダーもいそうです。

上位足を見ても方向性が掴めない状況です。
少なくとも4時間足レベルの
このレンジを抜けるのを待ってトレードした方が
良いです。


<ショートプラン>

Line-M3を下抜けレジ確認できれば
ショートします。

目標は週足レベルのサポート
Lime-W6とします。

<ロングプラン>

Line-D1を上抜けしてサポになればロングします。


今回は以上です。



メルマガでは日々の環境認識についてのコメント情報、
FX基本講座の補足解説などの情報を
配信していきます。