Pocket




為替・FXランキング

記事を読まれる前に1クリックをお願いいたします。m(_ _)m
別ウィンドウで開きます



今年から、
すべての時間軸でのチャート上のライン表記を
Line-Mxx:月足のライン
Line-Wxx:週足のライン
Line-Dxx:日足のライン
Line-4Hxx:4時間足のライン
に統一いたします。



今日はユーロ円(EURJPY)です。

月足の環境認識

まず月足です。

先月は月足レベルの
重要なサポートラインであるLine-M4まで
一気に下降しましたが
直ぐに大きな下ヒゲを作り反転上昇、
そしてLine-M3をローソク足の実体でキープしました。

今月以降、Line-M3がサポートとして
機能する可能性が高いと認識します。

週足の環境認識

次は週足です。

月足ではLine-M3がサポートとして機能する可能性を
書きました。
逆に今週はLine-W5がレジスタンスとなる形で
戻り売りが入ったように見えます。

こうなると、
Line-M3とLine-W5に挟まれレンジになるかもしれません。

日足の環境認識

次は日足です。



先週のLine-D1を上限としたレンジから
一段上がった形になっています。

この後Line-D1がサポートとしての動きが
確認されるとLine-D1とLine-W5の間で遷移するでしょう。

日足の流れはまだ下のため
サポートとして機能できないとなると、
Line-D1を再度下抜けして下方向の流れを作る
可能性も十分あります。

4時間足の環境認識

次は4H足です。

4時間足の目線は何とか上になっています。
それほど強い流れではありませんが
Line-D1をしっかり上抜けできれば上方向、

逆にLine-M3からのトレンドラインを下抜け
Line-D1がレジになる動きになれば下方向に攻めます。


<ショートプラン>

Line-M3からのトレンドラインを下抜け
また、Line-D1がレジになる動きになれば
ショートします。

目標はLime-M3です。

<ロングプラン>

Line-D1を上抜けしてサポになればロングします。
すぐ上には週足のレジである
Line-W5がありますのでそこで確実に利確します。


上記のとおりトレードプランは書きましたが、
月足・週足に書いたとおり
上に行っても下に行っても不思議ではない状況です。
大きめの波を狙うのであればしばらく様子見の
方が良いかもしれません。


今回は以上です。



メルマガでは日々の環境認識についてのコメント情報、
FX基本講座の補足解説などの情報を
配信していきます。