Pocket




為替・FXランキング

記事を読まれる前に1クリックをお願いいたします。m(_ _)m
別ウィンドウで開きます



今年から、
すべての時間軸でのチャート上のライン表記を
Line-Mxx:月足のライン
Line-Wxx:週足のライン
Line-Dxx:日足のライン
Line-4Hxx:4時間足のライン
に統一いたします。



今日の環境認識はドル円(USDJPY)です。

月足の環境認識

まず月足です。

2017年4月から
Line-M3近辺を上限としてレンジのような
動きになっていました。
昨年11月、12月もその上限は超えることが
できずに、
昨年12月そして今月は一気に下降しています。

ただ、その下降もLine-M5の手前で反転上昇し
大きな下ヒゲを作っています。

先月はLine-M4の上をキープできました。
今月はLine-M4から反転上昇する
可能性が高くなってきました。

と、先週書きました。

基本的には月足チャートを見る限り
上方向の流れが出てもおかしくはないです。
ただ、昨年9月の大きな陽線の安値
または始値近辺が強めのレジスタンスとして
機能する可能性も十分あるので要注意です。

週足の環境認識

次は週足です。

白の線は月足で引いたライン、
週足で追加したラインはピンク色です。

週足のダウ目線は下ですが、
今週はLine-W6を上抜いてきています。
次のターゲットはLine-W5、
その次はLine-W4です。

上に上がるためには
一つ一つレジを超えないといけません。

こういう状況ではレジサポの反発でエントリーして
次のレジサポで利確。という戦略が良いです。

日足の環境認識

次は日足です。

日足のダウ目線も下ですが、
週足同様、下から一段一段アップしている
上昇の流れを認識できます。

ですので、ダウ目線に拘らず
上方向へのトレードでも良いと考えます。

4時間足の環境認識

次は4時間足です。

日足のダウは下ですが、
日足の環境認識で書いたとおり
段々と上昇しているのを確認できますので
基本戦略は押し目買いです。

<ロングプラン>

Line-W6まで下がってサポ確認ができれば
ロングします。

Line-W5を上抜けW5がサポになることが
確認できればロングします。
その上のW4、W3も同様です。

ただし、
上のラインは強めのレジですので
ライン手前で確実に利確します。

<ショートプラン>

当分なしです。




今回は以上です。



メルマガでは環境認識についてのコメント情報、
FX基本講座の補足解説などの情報を
配信していきます。