Pocket




為替・FXランキング

記事を読まれる前に1クリックをお願いいたします。m(_ _)m
別ウィンドウで開きます



今年から、
すべての時間軸でのチャート上のライン表記を
Line-Mxx:月足のライン
Line-Wxx:週足のライン
Line-Dxx:日足のライン
Line-4Hxx:4時間足のライン
に統一いたします。



今日は環境認識はポンドドル(GBPUSD)です。

月足の環境認識

まず月足です。

先月は、
年初の下落もあり月足の重要ラインである
Line-M4を一旦下回りましたが、
Line-M5で下げ止まり反転上昇、
その後は下ヒゲを作り上昇しました。
ただ、昨年の10月、11月の高値を実体で
上抜けすることは出来ずに足が確定しました。

上値の重さから
今月は一旦下がる可能があります。

(先々週から同じ内容です)

週足の環境認識

次は週足です。

昨年11、12月頃から下降の流れが
出ていましたが
月足レベルのサポであるLine-M4

週足レベルのサポLine-W3に反応して
反転上昇中しました。

しかし週足レベルの戻り高値である
Line-W1の手前で反転下落し
先週はLine-W2も下抜けし、
今週もそのまま下落しています。

Line-M4まで下落する可能性もあります。

日足の環境認識

次は日足です。

波の定義がやや難しいですが、
日足の目線は下になったでしょう。

流れは完全に下方向に変わりましたが、
Line-D1近辺で買いが入ってもおかしくないです。

それに注視して下位足で戻り売りを狙いのが
基本戦略になります。

4時間足の環境認識

次は4H足です。

4時間足のダウ目線も下です。
しかし、
まだ日足が上方向と考えているトレーダーの
買いが入ってくるポイントに来ていますので
その流れに注意しながらショートします。

<ショートプラン>

Line-D1を下抜けしてレジ確認ができれば
ショートします。

または、
Line-4H2、Line-D2まで戻り
そこがレジになる動きをすればショートします。

<ロングプラン>

しばらくなしです。




今回は以上です。



メルマガでは日々の環境認識についてのコメント情報、
FX基本講座の補足解説などの情報を
配信していきます。