Pocket




FXデイトレードランキング

記事を読まれる前に1クリックをお願いいたします。m(_ _)m
別ウィンドウで開きます



今年から、
すべての時間軸でのチャート上のライン表記を
Line-Mxx:月足のライン
Line-Wxx:週足のライン
Line-Dxx:日足のライン
Line-4Hxx:4時間足のライン
に統一いたします。



今日はポンド円の環境認識とトレードプランです。

月足の環境認識

まず月足です。

昨年7月頃からLine-M2
が強めのレジとして機能していました。

先月(2019年4月)はそこまで上昇できず
Line-M3近辺で上げ止まっており
若干高値更新の勢いが弱くなっています。
しかし安値も切り上がっており
高値も安値も更新できない状態になっています。

週足の環境認識

次は週足です。

週足はLine-W3(143.80)近辺が
強めのサポとして機能しており、
今週の下落もそこで下げ止まり
今週はそのラインから上昇しています。

ターゲットは月足でも書いた
Line-M3になります。

日足の環境認識

次は、日足です。

高値も安値も更新できず
日足はレンジ(トライアングル)になっています。
ATR(Average True Range)も83.7と
ポンド円にしてはかなり低い数字です。
(ボラティリティが下がっています)

この状態から大きく動くためには
上はLine-D3、同時に高値切り下げラインを上抜け
それをサポにする必要があります。
下方向に動くためには
Line-D2、およびLine-W3を下抜けする必要があります。

4時間足の環境認識

次は4H足です。

波の定義次第ではダウ目線は下とも上とも
認識できますが
サポレジ目線(*1)は上になっており
上方向に進んでいると認識できます。


*1:サポレジ目線とは哲太郎が
勝手の呼んでいる目線です。
レジスタンスだったラインがサポートと
なった状態であればサポレジ目線は上、
サポートだったラインがレジスタンスに
なっていればサポレジ目線は下と呼びます。

<ロングプラン>

Line-D3を上抜けそこがサポートになる動きになれば
ロングします。
この場合目標はLine-D4になりますが
一気に抜ける可能性もあります。

または、Line-W2まで下がり
Line-W2がサポになればロングします。

<ショートプラン>

Line-W2を下抜けすればショートを考えます。

更にその下のLie-D2を下抜けしてレジ確認できれば
ショートします。


今回は以上です。



メルマガでは日々の環境認識についてのコメント情報、
FX基本講座の補足解説などの情報を
配信していきます。
(2019年5月現在、配信頻度は少なくなっています)