Pocket




FXデイトレードランキング

記事を読まれる前に1クリックをお願いいたします。m(_ _)m
別ウィンドウで開きます



すべての時間軸でのチャート上のライン表記を
Line-Mxx:月足のライン
Line-Wxx:週足のライン
Line-Dxx:日足のライン
Line-4Hxx:4時間足のライン
に統一しています。



今日はポンド円の環境認識とトレードプランです。

月足の環境認識

まず月足です。

ダウ目線は下です。
先月、月足レベルの戻りポイントであるLine-M1、M2近辺まで
到達したのち、上ヒゲを作り下落、
今月もその流れのまま陰線を形成。

月足レベルでは戻り売り中です。

週足の環境認識

次は週足です。

週足のダウ目線は下というトレーダーと上というトレーダー
両者いるでしょう。
自分は上と認識しています。

そのため月足で書いた月足レベルの売り、および
週足レベルで売りを見ているトレーダーの売り、

週足の買いの攻防中と見ます。(前回と同じ状態です)

今は週足ラインLine-W3とW4の間で小さいレンジを
作っています。

日足の環境認識

次は、日足です。

日足のダウ目線は上と認識していますが、
高値更新の勢いは弱く、
週足に書いたとおりLine-W3とW4の間でレンジを形成しています。

日足ベースのトレードをするなら
Line-W4近辺の反応を見てロング、
Line-W3近辺の動き次第でショートとなります。

4時間足の環境認識

次は4H足です。

日足がレンジであることを念頭に置いて考えると、
今のポイントは中途半端です。
4時間足ベースのダウ目線を考慮しても
意味があるとは思えません。

日足ベースの戦略同様、レンジ下限、レンジ上限での動きを
見て下限でロング、上限でショートが無難なところです。

1時間足以下のトレードプラン

短期中心のトレードをするにも上位足の環境認識をおさえて
トレードした方が良いです。

Line-W3まで距離がありますが、
今のポイントでWTを作るようであれば、
一旦下落とみて、143.00ラインがサポレジ転換すれば
ショートを考えます。


今回は以上です。