Pocket

こんばんは。
哲太郎です。

前回アップした記事、
環境認識と自動売買 その1
の続きです。



まず、EAを自作(哲太郎が開発)しました。
EAとはMT4上で動く自動売買プログラムのことです。


5時間くらいで作ったものなので全然大したモノではないです。

目線を決めて、それをEAに設定すると
内部の売買サインが出ても、
設定した方向にしか自動売買しないようになっています。
将来的にはもう少し機能拡張するつもりですが、
今の研究段階ではこれで十分です。

それを、外為ファイネストのMT4(デモ口座)で運用しています。
対象通貨ペアはポンド円です。


11月の「環境認識+自動売買」の結果

11月の
「環境認識+自動売買」
の結果は以下のとおりでした。

<11月5日の週>
週の前半は上目線で設定、後半は下目線に設定しました。

<11月12日の週>
週の前半は下目線で設定、その後上、後半は下目線。

<11月19日の週>
一週間ずっと下目線の設定です。

<11月26日の週>
一週間ずっと上目線の設定です。(途中から停止でも良かったです)





11月は

+524pips

でした。

ちょっと出来過ぎですね。


と言ってもご覧のとおり、
ドローダウンも大きいので、
自身が手動で行うトレードに比べると、
ロットは大きくできないでしょう。



さて、今後ですが、



ポンド円の動きが鈍くなってきたので、
来週初は停止する予定です。


これからのポンド円、

146円を上抜け後のサポ確認
または
144.3円近辺を下抜けしてレジ確認
できれば、
EAを稼働再開します。


いつものトレードプランと同じですね。

トレードプランを自分がやるか、
EA(自動売買)がやるかの違いです。

自分がトレードした方が当然成績がいいですが、
忙しいですし、EAを使って多少成績が悪くても(*1)
プラスになればOK。
って感じです。
もちろん、いまは研究中なので、
リアルトレードは自分自身が行っています。

※1:上の成績であれば『成績は素晴らしい』ですね




幾つかの選択肢

日中仕事がある会社員の場合
幾つかの選択肢があります。

1)環境認識+デイトレ

夜帰宅後に環境認識+トレードプランを作り、
それ以降、2、3時間前後チャート監視してトレード。

アラートを仕掛ければチャートの前に居なくても良いが、
いつでもトレードできる状態にしておく必要がある。

=>ほぼ2、3時間は拘束状態。


2)環境認識+スイング

1日1回(朝or夜)に環境認識+トレードプランを作り、
アラート(アラートメールが良い)を設定する。

アラートメール等を受信したら、チャート状況を確認してトレード。
仕事中は、会議中や電話中のなどの場合、
アラートを受けてもトレードできないことがある。

=>その方の仕事内容によりますが、
トレード実行率、遂行率は100%ではない。
30%~70%になることが多い。


3)環境認識+自動売買

1日1回(朝or夜)ほど環境認識+トレードプランを作り、
目線、目標を決め、EAをセット。
あとは基本放置プレイ。

自分がトレードするより成績は悪いが、
サボることもなく、チャンスを見逃すこともない。


さて、みなさんはどれが良いでしょうか。

自分は、今のところ「全部」やるつもりです。
将来的には、
仕事の状況や相場の状況によって
比重を変えられればいいなと考えています。




それでは、
引き続き研究します。
まだたった4週ですからね。
これから数ヶ月はデモ口座で継続研究です。

誤解していただきたくないのは、
自動売買が重要なのではなく
やはり
「環境認識+トレードプラン」
が重要であることです。

「環境認識+トレードプラン」
ができれば、
あとはデイトレだろうがスイングだろうが、
自動売買でもOK。
という考えです。



完全自動売買で儲かるなんてことは、
まずないと考えた方が良いです。

儲けることができるソフトの開発は不可能では
ないと考えていますが、
それが出来た場合、
10万、20万程度では売らないです。
逆に言うとその程度で売っている自動売買ソフトは
簡単に信用しない方が良いでしょう。




「環境認識+自動売買」にご興味がある方は
↓↓↓応援クリックをお願いいたします。




為替・FXランキング

別ウィンドウで開きます


↑↑↑
クリックが多い場合、
本ブログに「環境認識+自動売買」の研究結果を
アップしたいと思います。



少なければ、メルマガユーザー様のみに報告します。(^^)