Pocket

今回はFXトレードにおいて
振り返る、反省することの重要性を説明します。

以前の記事に書いたとおり
FXトレードは自分が作ったまたは選んだ
手法・基準を信頼し、
それを迷いなく淡々と実行することが大事です。

そして、日々のトレード結果に一喜一憂することなく、
感情を殺して遂行し続けなければなりません。



そのためには、日々のトレード後に行う
振り返り、反省作業が効果的です。

本記事は、その振り返り方法、反省方法について
記述します。

FXトレードの振り返り・反省のタイミングと方法

振り返り・反省のタイミングは幾つかあります。

1)日々のトレード後に反省する
2)週末に反省する
3)月末に反省する
4)その他

1)日々のトレード後に反省する

日々書いているトレードノートを使って
その日のトレードを振り返り、反省することになります。
反省した内容を次の日のトレードに活かしていきます。

2)週末に反省する

週末の反省は一週間分のトレードノートを
再度チェックして、
またはFT2やFT3を使って、
一週間分のトレードを再度練習するのも効果的です。

3)月末に反省する

月末の反省も週末の作業と同様です。
必要があれば、
一ヶ月分のトレードをすべて検証して、
自分の手法・基準とズレがないか
再度チェックした方が良いでしょう。

4)その他

定期的な振り返り・反省とは別に、
何か悩みがあったり変化が生じたときは、
その時に、
しっかりその内容を書いて気持ちの整理を
行いそれを保存しておくことは大事です。

手法・基準の堂々巡りを避ける

前述した4)その他の振り返りは、
とても大事です。

例えば、使っていた手法で勝てなくなり、
信用できなくなったので、別の手法を使って
みたくなった場合など、
勝てなくなった理由を詳細に分析して、
手法の問題なのか、自分に問題があるのか、
整理して記録として残しておいた方が良いです。
なぜなら、別の手法に変更した後、
しばらくして同じようにその手法も変更したく
なるときに参考になるからです。

自分の過去の経験やトレーダー仲間を
見ていると、
これは本当に良くあることで、
手法A⇒手法B⇒手法C
と変えた後に、
また手法Aに戻ることがあります。
再度手法Aを変えたくなったときなどに
以前記録として残した内容が非常に参考になります。
このようなことをしないと、
手法堂々巡りでいつまで経っても手法を
固定できないからです。



またはトレードに対する悩みや考えに対する
変化などがあった場合、記録として残しておき、
先々、同様の悩みや変化があった場合に
その記録が非常に参考になります。

振り返り・反省のポイント

毎日、週末、月末とタイミングが異なっても、
振り返り・反省のポイントはほぼ同じです。
ポイントは以下の2つです

1)手法・基準的な内容
2)精神的(メンタル)な内容

1)手法・基準的な内容

これは、
自分が作成または選んだ手法・基準に
したがったトレードが出来ているかどうかです。

リアルトレードを開始する前に、
自分が決めた手法・基準に従い
FT2やFT3を使って十分な検証と練習を行い、
デモ取引でもトレード練習したにもかかわらず
実際のリアルトレードで、
自分の手法・基準にしたがったトレードが
できていないとすると、
その原因は何か、
またその対策としてどうすれば良いかを
考えなければなりません。

2)精神的(メンタル)な内容

これは、
精神的(メンタル)に安定した状態で
トレードが出来ているかどうかのチェックです。

自分の手法・基準にしたがったトレードが
出来ていても、負けたときにとても苦痛を感じていたり
連敗したことで不安や相場に対する恐怖を感じていたとすると、
これからのトレードにおいて、
エントリーポイントを見逃したり、
損切りを大きくするようにストップをズラシたりするような
正常な判断と実行ができなくなる可能性が高いです。


もし精神的に不安定な状態があるのであれば
1)と同じように、原因を分析して、
対策を実行する必要があります。

具体的な対策方法は、
FX初心者向けに解説!FXに必要な自己規律とは
に記述した内容や、
記事内で紹介させていただいた本
『ゾーン』
『ゾーン最終章』
が参考になると思います。

まとめ

『PDCAサイクル』という言葉を聞いたことがあると思います。

PDCAサイクルとは、

Plan(計画)
Do(実行)
Check(評価)
Act(改善)

の4段階のサイクルを繰り返すことによって、
目的を改善しながら遂行していくものです。



FXトレードに当てはめると、


Plan(計画)・・・手法・基準の選定、検証、練習
Do(実行)・・・デモトレード、リアルトレード
Check(評価)・・・振り返り、反省
Act(改善)・・・振り返り、反省を活かして改善してトレード

となります。



上のサイクルを見ても、
振り返り、反省
がいかに重要であるかわかると思います。