Pocket

今回はFX業者の口座開設方法についての説明です。

FX用の口座開設はとても簡単です。
作業的には5分から10分、口座が開設されるまでの日数も
3日前後です。

注意するとすれば本人確認書類の準備くらいでしょうか。

本記事ではFX業者の口座開設方法、
注意点について記述します。

FX業者の口座開設の流れ

国内のほとんどのFX業者の口座開設までの流れは
以下のとおりです。

1)FX業者サイトから情報入力
2)本人確認書類の提出(サイトでアップロード、または郵送)
3)口座開通通知(郵送)

1)の情報入力は、サイトのフォーム画面で
氏名、年齢、住所、性別、電話番号
メールアドレス、および
投資経験の有無、資産情報などを入力します。

2)の本人確認書類とは、運転免許証や
パスポートなどの書類のことを指します。
最近はサイトからアップロードが可能です。
前もって、スマホやデジカメで免許証などを
撮影して保存しておくと手続きが早くできます。

1)2)の手続きが終われば、数日以内に
郵送で口座開設通知が届きます。

口座開設通知の中には、ID、パスワード
入金方法の説明書類などが
入っており営業日でしたら必要証拠金を入金して、
その日から取引が可能です。

FX口座開設の注意点

主婦の方やフリーターの方は、
職業欄の入力を気にされるかもしれません。

無職でも口座開設可能です。
ただ、資産が年収が少ないと
審査で落とすFX業者もあるかもしれません。
万が一のことを考えて、
同時に幾つかのFX業者と口座開設の申請をされるの
が良いです。



資産、年収よりも情報の正確性が重視されると
聞いています。
本人確認書類の情報(住所、年齢)と一致する
情報を正確に入力するようにしましょう。

FX業者の選び方

FX業者の選び方は、
前回の記事
FX初心者向けに3分で説明、FX業者の選び方
に書いたとおり
1) 信頼性の確認
2) 取引ルールの理解
3) 取引ツールのチェック
をご自身で確認して選ぶのが良いです。

「FX会社 比較」などで検索して、
検索結果に表示される比較サイトは、
そこ経由で口座開設すると紹介料が貰えるため、
そのサイト運営者に都合の良いことを
優先して記述しています。

例えば紹介料が高いFX業者を一番に紹介する。
など。

管理人は、
・GMOクリック証券
・ヒロセ通商
・JFX
・DMM FX
・SBI FX-Trade
を良く使っています。
ただ、残念ながら100点の会社はありません。
上記の70点~80点のFX業者を目的に応じて使い分けしたり、
バックアップ用の口座として持っています。