Pocket

FXの大きな特徴は24時間取引可能であることです。


株式と比較してみると、

日本の株式市場で一番大きな取引所である
東京証券取引所(東証)の取引時間は、
前場 09:00~11:30
後場 12:30~15:00
です。
そのため、日中仕事をしている会社員の方は、
株式をリアルタイムに取引することはできません。


一方、FXは24時間取引可能であるため、
日中の仕事が終わる夕方以降に
リアルタイムでチャートを監視しながら、
FXのトレードを行うことができます。

本記事では、FXの取引時間帯について、
幾つかのFX業者の例を挙げて説明します。

FX業者毎に少し異なるFXの取引時間帯

幾つかのFX業者の取引時間帯について
調べた結果は以下のとおりです。

<冬時間>

1) クリック証券

 月曜午前7:00~土曜午前7:00

2) ヒロセ通商

 月曜午前7:00~土曜午前6:00

3) SBI-FXトレード

 月曜午前7:00~土曜午前6:30

4) DMM.com証券

 月曜午前7:00~土曜午前6:50

5) 外為オンライン

 月曜午前7:00~土曜午前6:55


<夏時間>

1) クリック証券

 月曜午前7:00~土曜午前6:00

2) ヒロセ通商

 月曜午前7:00~土曜午前5:00

3) SBI-FXトレード

 月曜午前7:00~土曜午前5:30

4) DMM.com証券

 月曜午前7:00~土曜午前5:50

5) 外為オンライン

 月曜午前7:00~土曜午前5:55

調べた5社とも、
取引時間時間の開始は、
冬時間、夏時間、同じ月曜日の午前7:00からで、
取引時間の終了は、
冬時間が土曜の6時から7時の間、
夏時間は冬時間のマイナス1時間でした。

ニューヨーク市場のクローズは現地時刻の16時頃
ですから、時差を考えると、
冬時間であれば、日本は6時、
夏時間であれば、日本は5時
がニューヨーク市場のクローズ時刻
となります。
それとほぼ連動している取引時間となっています。

FX業者の取引時間帯を図解

調査した時間帯を図で表すと以下のとおりです。
(冬時間だけ図にしてみました)

異なるのは、
土曜の早朝だけで、
私たちがその時間に取引することはありませんので、
取引時間帯については、
どのFX業者もほぼ同じと言って良いですね。

FXは土日に取引できないのか

今回、調査したとおり、
国内のFX業者の取引時間帯は、
月曜の早朝から土曜の早朝までですので、
土曜の日中や日曜に、
FXの取引を行うことはできません。

ロンドン市場もニューヨーク市場も土日は
閉じています。

ただ、アラブ首長国連邦 (UAE)、イスラエル、
イラク、イラン、エジプト、サウジアラビア、
トルコなどの中東の国の休日は金曜で、
週末は金曜・土曜です。
したがって、日曜は普通に仕事をされており、
銀行も営業して、為替マーケットを開いて
いますので、日曜でも為替価格が動いています。

ただ、日本人が中東の国のFX業者の口座を
開くのは簡単ではありません。

知識として日曜も為替マーケットは開いていると
いう認識を持っていれば十分だと思います。