Pocket

今回はファンダメンタルズ分析と
テクニカル分析について説明します。

ファンダメンタルズ(Fundamentals)とは、
基本の、 基礎の、 根本的なという意味。

一方、テクニカル(Technical)とは、
技術的な、専門的なという意味です。

これらの言葉から想像されるのは、
ファンダメンタルズ分析とは、基礎的な材料による分析、
テクニカル分析とは、技術的な分析となりますが、
実際はどうでしょう。

本記事では、
ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析
の意味するもの、
そして、FX取引における必要性について
説明します。

FXにおけるファンダメンタルズ分析とは?

ファンダメンタルズ(Fundamentals)とは、
基本の、 基礎の、 根本的なという意味で、
株式でのファンダメンタルズ分析とは、
企業の財政状況、業績状況を示すデータを分析して
株価の今後の動きを予想するものです。

FXにおいてのファンダメンタルズ分析とは、
FXの取引対象が2つの国の通貨のペアが対象となっているため、
企業情報の分析ではなく、
各国の経済活動の状況を示す基本、基礎的な要因、

具体的には、
経済成長率、物価上昇率、失業率、財政収支の赤字、黒字率、
経常収支の赤字・黒字額などの指標を参考にします。
また、指標だけでなく、
選挙結果やニュースなどを分析して、為替の動きを予想するものになります。

FXにおけるファンダメンタルズ分析の必要性

ファンダメンタルズ分析の重要性は理解していますし、
学習、研究も行っています。
ただ、管理人(哲太郎)の場合は、
チャートが動いた理由をファンダメンタルズで「確認」するのと、
主要なファンダメンタルズなイベントを押させておく。
に留めています。
理由は、ファンダメンタル的な要因は、
あとに書くテクニカル分析の元となる、
為替価格(レート)にすべて織り込まれていると
考えているからです。


すなわち、ファンダメンタルズな要因で
為替の動きを予想するのではなく、
テクニカル分析、特にチャートの動きで、
為替の動きを予測する方法をメインとしています。


特に自分の場合は、1日に数回行い、日またがりに
ポジションを持たない、いわゆるデイトレード
がメイントレードです。
数分、数時間先の動きさえ分かれば良いので、
ファンダメンタル的な要因より、
テクニカル的な、それもチャートの上の反発、
プライスアクションを重視したトレードを行っている
ことが理由になります。

では、ファンダメンタル的な要因、たとえばニュースを
まったく見ていないというわけでありません。
主要なニュースはチェックし、参議院、衆議院選挙、
アメリカ大統領選挙などには注意しています。
ただ、そこの結果を予想したり、その結果により
トレードを行うのではなく、
そのような大きなイベントがあるときは、
トレードを控えるとか枚数を下げるようなことを
するだけです。

ただ、将来的にはスワップポイントを収益目的とした、
長期保有を行う取引も視野に入れています。
そのため、ファンダメンタル的な研究も行っています。

FXにおけるテクニカル分析とは?

テクニカル分析とは、
実際に相場に反映された価格を分析することです。

一例としてそれらの価格データを
チャート化(グラフ化)して、ローソク足の形状や
各種インジケータを分析し将来の為替の動きを
予想する分析手法もその一つのです。

チャートを分析する方法として、
上に書いたローソク足や、
それ以外では、移動平均、ボリンジャーバンド、
RSI、ストキャスティクス、RCI、一目均衡表
など数多くのインジケータが存在しており、
それらのインジケータを駆使して、
多くのトレーダーがテクニカル分析を行っています。

FXにおけるテクニカル分析の必要性

テクニカル分析を重視するトレーダー、
ファンダメンタル分析を重視するトレーダー。
トレーダーの手法は様々です。

どちらが正解、どれが正解、というのはありません。
目的は安定して勝ち続けること。
であって、分析することが目的ではないです。

管理人(哲太郎)はFXのデイトレードで
勝ち続けるためにはテクニカル分析が有効である
と考えているので、デイトレードにおいては、
テクニカル分析を重視しています。

そのテクニカル分析の内容については、
先のステップで説明します。