Pocket

今回はFXの最大注文数量について説明します。


最大注文数量とは、1度に注文できる最大の取引数量のことです。
同じような言葉に
・取引上限
・建玉上限
があります。

本記事では、
最大注文数量、取引上限、建玉上限について説明します。

FX業者の最大注文数量は実際どのくらい?

最大注文数量とは、1度に注文できる取引数量の最大値でした。

GMOクリック証券の、
通常モードの最大注文数量は100万通貨です。
Exモードの場合、最大注文数量は500万通貨です。
(クリック証券はどの通貨ペアでも同じ最大値です)

100万通貨が、どれくらいの大きさか説明すると、
ドル円が110円のとき100万通貨で
取引しようとした場合、最低440万円の証拠金が必要です。
また、月に200pips取れるトレーダーが、
毎回100万通貨で取引をしたとすると、
月の利益が、200万円になる取引量です。

この金額で足らない方は、
EXモードで、5倍の500万通貨まで取引することが出来ます。
数量が5倍になる代わりEXモードの場合スプレッドが
少し広がります。

ヒロセ通商は、
通貨ペアによって最大注文数量が異なります。
ドル円の場合、300万通貨、
ユーロ円の場合、300万通貨、
ポンド円は、200万通貨、
マイナーな通貨ペアである、
トルコリラ円だと50万通貨
が最大です。

DMM.com証券は、
一律どの通貨ペアでも100万通貨ペアです。

このように、FX業者によって若干の差はありますが、
メジャーな通貨ペアであれば、
100万通貨
が最大注文数量と考えて良いでしょう。

100万通貨では足らない方は、
クリック証券のEXモードやヒロセ通商の300万通貨、
または複数のFX業者で同時に取引を行うことになります。

取引上限、建玉上限とは何の上限のこと?

「取引上限」とは何の上限のことでしょうか。

FX業者によって言葉が違いますが、
GMOクリック証券では「取引上限」と呼んでいて、
1日の新規建注文数量の累計の上限のことです。
通貨ペア毎に1累計日5,000万通貨まで取引が可能です。

したがって、最大注文数量の100万通貨で取引をした場合、
50回まで取引が可能であることを意味しています。
1日に何十回も取引を行うスキャルピングトレーダーでない限り、
50回もあれば十分ですね。

次は「建玉上限」です。
建玉とは、新規注文そして約定後に決済しない状態の
モノ、ポジションが残ったモノののこと言います。
したがって、
「建玉上限」とは、
約定して未決済状態のモノの上限になります。
GMOクリック証券の「建玉上限」は、
全通貨ペア合計値で4,000万通貨までです。
未決済である=証拠金がロックされたままですので、
100万通貨の40倍、ドル円110円であれば、
1億7600万の証拠金が必要な量です。

ヒロセ通商は、
各通貨ペア毎に上限値が設定されていて、
ドル円は、3,000万通貨まで保有可能です。

DMM.com証券も、
同様に、各通貨ペア毎に上限値が設定されており、
ドル円は、5,000万通貨まで保有可能です。
同時に全通貨ペアでの合計建玉数の
最大値も設けられており、
10,000万通貨まで保有可能となっています。

まとめ


管理人(哲太郎)のようなデイトレード(1日に数回トレード)
を中心に取引するのであれば、すべて問題になる数値では
ないですね。

ただ、デイトレードでも、
月に500万や1,000万の利益を得たい方は、
最大注文数量が100万通貨では少し足らないかもしれません。
その場合、上に書いたとおり、
クリック証券のEXモードのような拡張モードを
使用するかヒロセ通商のような最大注文数量が他社より
多いFX業者を選ぶことになります。

このように、FX業者のルールの中で上限値については、
事前にチェックして、自分のトレードスタイルや目標値の
障害になるかどうかを確認しておくと安心です。