Pocket

FX取引を行う場合、
証券会社やブローカ(仲介業者)に口座を「開設」する必要があります。
そして、口座開設後に証拠金以上の金額を「入金」すれば
取引を行えます。
また、利益が出た場合にその利益分や、
全額を「出金」することができます。

詳細は別のステップでご紹介しますが、
ここでは簡単なフローを説明いたします。

FX口座の開設方法の最初の一歩

FX口座を開くためには、まずFX業者(証券会社、ブローカ)
を選ぶ必要があります。
選ぶポイントは、
信頼できることや、
スプレッドが小さいこと
ツールが使いやすいこと
などです。
詳細は、後半のステップで説明します。

ここでは、
FX業者を選んだあとの手順を説明します。

口座を開設するためには、
選んだ証券会社のサイトを表示して、
「口座開設」ボタンを選択すれば、
口座開設手続きが開始できます。

どこのFX業者も、
みなさんに口座を作って貰いたいので、
トップページに
「口座開設」ボタンが
あるハズです。

FX口座の開設方法、お名前、住所入力、本人確認書類の提出

「口座開設」ボタンを選択した後は、
お名前、住所などをを入力する画面が開きますので、
そこで、お名前や住所、メールアドレスを登録します。

ほとんど証券会社の入力画面は1ページか2ページなので、
直ぐ入力が完了します。
そのあと、
本人確認書類の提出を求められます。

提出方法は幾つか選ぶことができ、
・デジカメやスマホで撮った画像をWebでアップロード
・郵送で送付
などがあります。


本人確認書類は、
・運転免許証
・住民基本台帳カード
・個人番号カード
・パスポート
・各種健康保険証
・各種年金手帳
・住民票の写し
・印鑑登録証明書
などが必要になります。

通常は、上記の中から1つあれば大丈夫ですが、
FX業者によってルールが異なりますので、
ご注意ください。

本人確認種類の提示が終わりましたら、
数日で口座開設が完了し、郵送でID・パスワードが
送られてきます。


それで口座開設完了です。

FX口座への入金方法

FX口座への入金はFX業者によって
多少システムが異なりますが、
多くのFX業者は、
・通常の振込入金

・即時入金サービス
に対応しています。

振込入金は、ATMや窓口から、
FX業者の銀行口座に振り込む方法です。
そして、
即時入金サービスは、
・ジャパンネット銀行
・住信SBIネット銀行
・楽天銀行
・セブン銀行
などのネット銀行や、
・三菱東京UFJ銀行
・みずほ銀行
・三井住友銀行
のネットバンキング契約をされた方
が対象になります。

即時入金サービスの場合は、
名前のとおり、夜間でも即時入金が可能で、
即時に口座に入金が可能です。

FX口座からの出金方法

出金に関しては、
口座開設後に登録する自分の銀行口座に、
振り込まれます。

出金は即時ではなく、翌営業日、または翌々営業日に
自分の口座に振り込まれるケースがほとんどです。

出金について、本当に出金してくれるのだろうか、
と心配される方もいるかと思いますが、
今のFX業者、特に国内の証券会社やブローカであれば
問題になることはまずないです。
振込が遅れるだけで、金融庁の指導が入ることでしょう。