Pocket

前回の記事
FX初心者でも分かる、トレンド相場、レンジ相場、ノントレンド相場とは
にて、
相場の見方の重要な方法の一つである、
トレンドとレンジについて説明しました。

今回はトレンドと同じくらい重要な
サポートとレジスタンス
について説明します。

株式の経験がある方であれば、
サポート(support)は「下値支持線(したねしじせん)」
レジスタンス(résistance)は「上値抵抗線(うわねていこうせん)」
と呼んだ方が馴染みがあるかもしれません。

サポートとレジスタンスとは

サポートとレジスタンスは何を意味するものか、
下の図を見ていただいた方が理解が早いでしょう。

上の図の
赤い線がサポート
青い線がレジスタンス
です。


今の価格が「A」のとき、
その下で価格がそれより下に行かないように
支えているように見えるラインのことを
「サポート」、
または「サポートライン」と呼びます。
「下値支持線」と呼んでも良いですが、
FXでは「サポート」と呼ぶほうが多いです。
または略して「サポ」とも呼びます。


同様に今の価格「A」の上で
価格がそれより上に行かないように
抵抗しているように見えるラインのことを
「レジスタンス」、
または「レジスタンスライン」と呼びます。
(「上値抵抗線」とも呼びます)
または略して「レジ」と呼びます。


イメージとして、
サポートが「床」
レジスタンスが「天井」
のようなモノです。


また、サポートやレジスタンスのような水平なラインのことを
「水平線」(すいへいせん)
と呼びます。

レジスタンスがサポートに(レジサポ転換)

例えば、
下の図(前述の図)の状態から、レジスタンスを上抜けして
レジスタンスだったラインが支えになり上昇することが
良くあります。

それが下の図です。

前の図のレジスタンスだったラインが、
サポートに変わりました。

これを「レジサポ転換」と呼びます。

逆に、下の図のように、
サポートだったラインがレジスタンスに変わることを
「サポレジ転換」と呼びます。

この
「レジサポ転換」(レジスタンスサポート転換)
「サポレジ転換」(サポートレジスタンス転換)
をあわせて、英語で、
「ロールリバーサル」(Roll Reversal)
(役割転換)
と呼び、非常に大事な考えです。

サポート・レジスタンスの具体例

実際のチャートで見てみましょう。

上の図は、ドル円のチャートです。

レジスタンスとして機能(青矢印)していた黄色のラインが、
赤矢印のポイントではサポートとして機能しているのが分かります。

まとめ

サポートとレジスタンスは、
前回のトレンドの定義と同様に非常に重要な考えです。

実際のチャートで、
トレンド状態を正しく認識して、
サポートラインとレジスタンスラインが引ければ、
勝つための条件が80%くらい身に付いたと言っても良いです。