Pocket

今回はFX業者の選び方について説明します。

FX取引はFX業者経由でないと取引できないため、
適切なFX業者を選ぶ必要があります。

FX業者とはTV CMで有名な
GMOクリック証券や、
DMM.com証券
などのことです。

本記事では、
FX業者を選ぶ上での注意点やポイントなどについて記述します。

FX業者の差とは

結論から申しますと、
メジャーなところであれば大きな差はないと思います。
「FX業者 比較」
「FX 証券会社 比較」
などで検索すると比較表またはランキングと
ともにいろいろ比較されていますが、
大差はないです。

スプレッドが大事と言って
比較しているサイトも多いですが、
国内のFX業者であれば、
どこもスプレッドは差があっても0.3pips程度です。
1日に20回以上トレードするスキャルピングトレーダーは
多少気にした方が良いでしょうが、
1日数回のデイトレーダーの場合は、
国内のFX業者のスプレッドの差はあまり気にする必要はないです。

約定力の比較をされているサイトもあります。
ですが、約定力をどのように測定されたのか疑問です。
もちろん、約定力は大事でなのですが、
正確な情報を得ることは難しいでしょう。

であれば、何に注意すべきでしょうか?

FX業者の比較のポイント

比較のポイントとして最初に挙げたいのが、
信頼できる会社かどうかです。
これについても何を基準に信頼できるか
どうかは簡単に判断できません。
最低限、会社の規模と、過去の金融庁の指導状況を
確認しておくと良いです。

金融庁のサイトにある「行政処分事例集」
http://www.fsa.go.jp/status/s_jirei/kouhyou.html
の行政処分内容が参考になります。

2番目のポイントは取引ルールです。

日本国内の証券会社、FX業者の場合、
レバレッジは最大25倍(*)と同じですが、
取引ルールは会社によって意外と異なります。
例えば、最大注文数量については、
100枚(100万通貨単位)だったり、
300枚(300万通貨単位)だったりします。

一番注意したいのは、
ロスカット(強制決済)ルールです。
クリック証券などは、
証拠金維持率が50%を切った場合にロスカットです。
ヒロセ通商は100%を切った場合にロスカットされます。
これによって準備する資金の考え方が多少変わってきますから、
取引ルールについては事前に確認しましょう。

*1:2018年、2019年中にレバレッジが10倍に
なると言われております。


3番目のポイントが取引ツールです。

この取引ツールが一番大事だと考えています。

FX業者の取引ツールを重要視する理由

メジャー(良く耳にする)なFX業者であれば、
信頼性もあるでしょうし、
取引ルールも取引前までに押さえておけば、
問題になることはないです。
これらについてはネットで調査すれば判断可能です。

しかし、取引ツールについては、
ネットで調べても分かりません。
ある程度の説明をしているサイトはありますが、
やはり、
実際に使ってみて自分にあうツールかどうかを
しっかりチェックした方が良いです。

なぜなら、取引ツールをトレード時に一番使うからです。
一番使うツールが使いづらいものだったり、
操作ミスし易いものだと致命的です。

以前の記事
FX初心者に5分で説明!FXのデモ取引とは
に書いたとおり
メジャーなFX業者は、
ほぼ『デモ口座』をサービスしていますので、
実際の取引前にデモ口座を開設して、
そのFX業者の取引ツールを数ヶ月の間
使い倒し、比較するのが良いです。



例えば、
インストール型のツールで1回インストールしてしまえば、
デスクトップのアイコンクリックだけで起動できるタイプか、
ブラウザからFX業者の口座にログインしてから起動する
タイプのツールがあります。
圧倒的に前者の方が使い易いです。

あとは、自分が良く取引する通貨ペアを
デフォルト登録でき、発注画面を開いたときに
その通貨ペアがすでにセットされるようになっているか。
また、
新規注文約定時に決済注文を自動で発注でき、
その指値、逆指値幅をデフォルトで設定できようになっているか。



または、
数ヶ月、数年と使い続けていくので、
注文画面の表示が見やすいかどうかも重要なポイントです。

などなど、
人それぞれ、気になるポイントは異なります。
実際のトレードでミスをしないツール選びが大事です。

まとめ

上に書いたとおり、
FX業者を選ぶ上でのポイントは、

1) 信頼性の確認
2) 取引ルールの理解
3) 取引ツールのチェック

です。
デモ取引で何社か取引していただき、
一番使い易い会社を選んでいただければと思います。
また、いくら大手のFX業者と言っても、
全くトラブルがないというわけではありません。
先日、TV CMをしている大手証券会社でも、
夜9時から11時頃までシステムにログインできない
障害がありました。

そのようなこともありますから、
FX業者は2,3社口座開設しておくつもりで、
デモ口座の評価をされるのが良いでしょう。