Pocket

一つ前の記事
FX初心者向けに5分で解説!サポートとレジスタンス
にて、水平線のサポートラインと
レジスタンスラインについて解説しました。

今回は、トレンドラインとチャネルラインについて
説明します。

トレンドライン(Trend Line)とは、
トレンドの状態をチェックするために使用するラインです。

また、
チャネルライン(Channel Line)とは、
トレンドラインに並行して引くラインのことです。

管理人(哲太郎)は主に相場の目標を捉えるのに使っています。

トレンドラインとチャネルライン

トレンドラインとチャネルラインを引いた図を
見てみましょう。

上の図は上昇トレンドにおける
トレンドラインとチャネルラインです。

上昇トレンドに引くトレンドラインは、
安値を結ぶ線になります。
チャートを細かく見ると安値は沢山ありますから、
「谷」を結ぶ線と考えた方が良いです。

チャネルラインはトレンドラインを平行移動した線になります。

上の図は下降トレンドにおける
トレンドラインとチャネルラインです。

下降トレンドに引くトレンドラインは、
高値を結ぶ線になります。
上昇トレンドラインと同様に
「山」を結ぶ線と考えた方が良いでしょう。

チャネルラインも上昇トレンドと同じように、
トレンドラインを平行移動した線になります。

トレンドラインの引き方

次はトレンドラインの引き方について説明します。

上昇トレンドにおけるトレンドラインは
上に書いたとおり
・安値(谷)を結ぶ線
でした。
これに加えて、重要なルールを一つ加えます。
・高値(山)を更新した時に、その起点となった安値(谷)を結ぶ
です。


具体的な例を挙げてみます。

上の図のAのポイントで小さい下降から上昇に転じて「谷」が作られました。
でも、このタイミングでは、Aのポイントの「谷」にトレンドラインを
引くことはできません。
なぜなら、高値を更新してないからです。

その後のチャートは次のとおりです。

上の図のチャートでは高値を抜けて更新しました。
したがって、下の図のようにトレンドラインを引くことができます。

赤い線点は以前のトレンドラインです。
引き直しにより不要になったラインは消しても構いません。

トレンドラインの使い方、見方

トレンドラインの使い方は、
FX初心者でも分かる、トレンド相場、レンジ相場、ノントレンド相場とは
の記事で説明した「トレンド相場」が
キープされているかどうかを確認するために使用します。

トレンドラインを使わなくても、
高値更新、安値更新のチェックはできますが、
トレンドラインを使った方がより視覚的に状況判断が
できるため利用した方が良いでしょう。

例えば、下の図

上昇トレンド中であると判断できます。
この範囲のチャートを見る限り問題ない状況です。

次の図はどうでしょうか?

トレンドラインを下抜けしてきました。
直近の安値(青い点線)を下抜けするまでは、
まだ上昇中と判断しても良いですが、要注意状態です。

※この直近の安値(谷)のことを
「押し安値(おしやすね)」
と呼びます。
(下降中の直近の高値(山)のことを
「戻り高値(もどりたかね)」
と呼びます。)
↑↑↑ とても重要です。



トレンドラインを使用すると、
このようにラインをブレークしたのが視覚的に判断できます。



次の状態も見てみます。

直近の安値を下抜けしました。
上昇トレンドから下降トレンドに
切り替わり中と判断します。

逆に、一つ前のチャートから、
下の図のように再上昇すれば、
上昇継続と判断できます。

このように、
トレンドラインを使用すると、
トレンド状態のチェックを行うことができます。
トレンドラインをブレーク=トレンド転換
と判断するのではなく、
「リズムが崩れたので要注意」
と判断するのが良いです。

このトレンドラインと
直近安値(押し安値)、直近高値(戻り高値)
の状況を観察して、
後半のステップで説明するマルチタイムフレーム分析を使って、
上位足(現在、日足チャートを見ていれば、週足や月足)
の状況と絡めてトレンド反転と判断するタイミングを
早めたり、遅らせたりすることになります。

チャネルの利用方法

次はチャネルラインの使い方です。

チャネルラインの使い方は2つあります。
一つはトレンドラインから平行移動したチャネルラインを描き、
トレンド方向の目標を判断するのに使います。

上の図において、
Aのポイントで買った場合、最初の目標は直近の高値(B)になり、
次の目標は、その先のチャネルラインに達するポイント(C)
になります。

このように目標を決める方法の1つして、
チャネルラインは非常に有効な方法です。

チャネルラインのもう一つの使い方については、
別の機会で説明します。

まとめ

前回の記事
FX初心者向けに5分で解説!サポートとレジスタンス
で説明したサポート、レジスタンスのような水平線に比べると、
トレンドラインは引く人によって基準が異なるため、
効果が弱いとおっしゃる方も多いです。

ただ、それでも有効に機能することも多いため、
利用をオススメします。

メイン=水平線(サポート・レジスタンス)
サブ=トレンドライン、チャネルライン
として位置付けるのが良いです。