Pocket

今回はトレードスタイルについて説明します。
自分のスタイルの名前など気にしなくても良いですが、
一つの目安として、また投資の世界の一般的な知識として
理解しておくと良いでしょう。


トレードスタイルは一般的に以下の3つに分類されて呼ばれています。
・スイングトレード
・デイトレード
・スキャルピングトレード


この3つは、
どのくらいの頻度で取引を行い、
またポジションをどのくらいの期間保有するか、
この2点(頻度と保有期間)を基準に分けられています。

スイングトレード、デイトレード、スキャルピングトレードとは

以下、
スイングトレード、デイトレード、スキャルピングトレード
それぞれの頻度と保有期間の目安です。

トレード頻度 保有期間
スイングトレード
数日、数週間
に1回(*1)
数日、数週間
デイトレード
1日に数回
数分から数時間
スキャルピングトレード
1時間に数回
(*2)
数秒から数分

*1:数ヶ月に1回の人もいます
*2:数分に数回の人もいます

トレードスタイルの選び方

どのトレードスタイルを選択するかは、
選ぶ方の
・ライフスタイル
・トレードに対する考え方や性格
などによって変わってきます。

例えば、
テクニカル分析よりファンダメンタルズ分析が好きで、
短期より長期保有の方を好む方は、
スイングトレード
が良いです。

または、逆に、
ファンダメンタルズ分析よりテクニカル分析の方が向いている
と考え、短期トレードの方が好きであれば、
スキャルピングトレードかデイトレードが
良いでしょう。

また、ライフスタイル的に、
1日の間に2時間や3時間以上、チャート監視する時間がない方は、
デイトレードやスキャルピングトレードは厳しいため、
スイングトレードを選択されることになります。

トレードスタイルを選ぶ上での注意点

トレードスタイルを決める上で、
注意したいのが、スキャルピングトレードです。

日中仕事をしている会社員の方など、
夜に1,2時間しか時間がない方も多いと思います。
そういう方にとって、
数時間でもチャンスが多いスキャルピングトレードは
魅力的かもしれません。

ただ、スキャルピングトレードが一番難しいですし、
必ずしも毎日チャンスが多いわけではありません。
相場の状況が悪い日はトレードなしもあり得ることを
理解されてからスキャルピングトレードを
選択するのが良いです。

管理人(哲太郎)のオススメは、
「デイトレード(またはスキャルピングトレード)」
です。
まず、相場を分析して、
デイトレード的なトレードが良い日はデイトレードを行い、
そうでない日はトレードをしない。
を基本スタイルにして、
慣れてきて、
スキャルピングトレードもできそうな相場であれば、
スキャルピングトレードを行うが良いです。

「相場次第」
という考えを基本とされるのが良いです。



一部の雑誌、サイト、および情報商材で、
「サラリーマンに最適!1日1,2時間で数回のチャンス!」
「1日夜だけで5回のトレードチャンスで安定収益!」
などと、毎晩チャンスが必ずあるような書き方で、
安易にスキャルピングトレードを勧めていますが、
トレードチャンスは相場次第です。
毎日、必ずチャンスがあるわけではありません。
ご注意ください。